生理の貧困を考える会おきなわ活動応援金 絶賛募集中

女子生徒の皆さん!アンケートにご協力を!!

沖縄県内の小中学校のトイレには少しずつ生理用品の設置が進んでいます。しかし、市町村で温度差があり、また、校長が変わると設置しなくなる事例もあります。今後は、離島や、県内の高校、などにも活動の輪を広げていきたく、そのためには沖縄県に働きかける必要があります。そこで重要なことは「子ども達の声」です。今回小学4年生から高校3年生の女子生徒を対象にアンケートを取ることにしました。目標は1,000人です。多くの方々の協力なしには実現できませんので、ぜひとも対象となるお子さんがいらっしゃる方、お子さんへのアンケートのご協力をよろしくお願いいたします♫

よかったらシェアしてね!
目次